新築を超える喜びを。好きな街にこだわりのスタイルで暮らす。

住まいづくりの新常識!『中古を買ってリフォーム』という新しい選択

「中古を買ってリフォーム」のポイント
「中古を買ってリフォーム」を成功に導くためには、「条件に合った最適な中古物件」の購入をお手伝いする『仲介業者』と、「こだわりの住まい」を実現してくれる『リフォーム工事業者』を選ぶことが大切です。他の形態との比較も交えて、わかりやすくご説明します。
「中古を買ってリフォーム」住みたい街でまずは物件探し! おすすめ物件 資料お届けサービス
「中古を買ってリフォーム」のメリット
「新築分譲物件」との比較
◆ デベロッパー(販売事業主)の利益分がリーズナブル
新築物件の販売価格の約2割が、販売事業主の利益だと言われます。
例:4,500万円の物件であれば、約900万円が利益となります。
◆ 消費税分を節約できる
課税業者から住宅を購入する場合、建物の価格には8%の消費税が課税されます。
中古物件のほとんどが個人間売買なので、建物の消費税がかかりません。
※ただし、リフォーム工事部分については消費税がかかります。
例:売買価格4,500万円(土地1,500万円+建物3,000万円)の物件であれば、
消費税は建物3,000万円×8%=240万円となります。
◆ こだわりの最新住宅設備が使える
分譲マンションや分譲一戸建ての住宅設備は、その多くが廉価版と
呼ばれる安価なものです。
「中古を買ってリフォーム」では、機能性に優れた最新設備を自由に
組み込むことができます。

 

◆ 間取りは自由に設計できる
分譲住宅の場合、画一的な間取りに自らの生活を合わせることになりますが、「中古を買ってリフォーム」では、
住む人の暮らしやスタイルに合わせて自由に設計できます。
「リノベーション(買い取りリフォーム再販)物件」との比較
◆ 事業者の利益分がリーズナブル
リノベーション物件とは、物件を仕入れてリフォームし、再販するものです。
事業者のマージンは2~3割と言われます。その分、価格が割高になります。
メリットがたくさんの中古リフォームがなせ成功しにくいのか?
ページTOPへ
「中古を買ってリフォーム」住みたい街でまずは物件探し! おすすめ物件 資料お届けサービス

戸建て・マンションの中古物件探しには、東急不動産ホールディングスグループの不動産仲介業を担う“東急リバブル”より、あなたの希望条件にあった“旬”の優良物件情報をご紹介

あなたの住みたい街・広さ・価格で「中古を買ってリフォーム」向けの
おすすめ物件の資料をセレクトしてお届けします。

メールでのお申込みはこちら
お電話でのご相談はこちら 0120-935-109
「中古を買ってリフォーム」実例集
実例1:北欧スタイルのくつろぎと居心地こだわりが凝縮した、洗練された空間へ
実例2:仕切りのない、明るく開放的な広々とした空間を実現
実例の一覧はこちら

「東急リバブル」のサイト