東急ホームズの「暮らしアップ」

建て替えの約半分の費用で住宅リフォーム!

耐震診断 無料耐震診断を実施中
資料お届けサービス
ビフォー・アフター まるごと再生実例集
【首都圏】のイベント
【関西】のイベント
ビフォー・アフター まるごと再生実例集
耐震診断 無料耐震診断を実施中
暮らし方のご提案

"プラス耐震”リフォームのススメ
昭和55年以前の戸建住宅は要注意!リフォームで地震に強い家に変身


長く住んでいると、住宅の老朽化は避けられないもの。戸建て住宅をリフォームするなら、表面的に新しく変えるのではなく、「耐震性」についても考えましょう。お住まいの耐震強度をチェックして、地震に強い家にリフォームしましょう。

応急危険度判定

中古物件購入×リフォームのメリット

2004年(平成16年)新潟県中越地震

耐震化をお考えなら、まずはチェックリストで確認


  • 1981年(昭和56年)6月以前に建てられた住宅である
  • 上記以降に建てられた住宅でも、振動を感じたり、外壁に亀裂があるなど不安がある
  • 自治体に住宅耐震化情報や助成制度などを確認
  • 自分でできる簡易診断*で確認
  • 耐震診断を信頼できる専門家に依頼
  • 信頼できるリフォーム業者に相談する
  • 納得できる予算・耐震工事内容である
  • *自治体や(財)日本建築防災協会などに簡易診断表が用意されています。

どこを、どうすればリフォームすれば耐震化ができるのか?

耐震補強が必要と診断された場合、耐震補強を行うことが望まれます。耐震リフォームを実施する箇所や内容は、住宅の状況によって異なり、費用も変わりますので、事前にしっかり確認しましょう。

基礎・構造

地盤の状況が余程悪い場合は改善する必要があります。基礎に鉄筋が入っていても傷んだり、亀裂があったり、部分的に沈下している場合は、補強が必要です。

柱・壁



屋根・外壁

屋根や外壁が重いほど、地震の揺れの影響を受けやすくなります。特に屋根が重過ぎると影響が大きく、重さに応じた耐力壁の壁量を確保する必要があります。



リフォームと同時の耐震補強がベスト

東急ホームズの定価制全改装リフォーム「住まいまるごと再生システム」は、建て替えの約半分の費用で耐震補強対策も含めて新築同様に再生します。
リフォームと一緒に耐震補強工事をすれば、無駄がなく経済的に「快適」と「安心」を実現することができます。

耐震診断から補強工事までの流れ

自治体や(財)日本建築防災協会などが作成している簡易診断表で自宅の地震強度を自分でチェック。


不安であれば、専門家に診断を依頼。東急ホームズでは、社内認定を受けた専門の調査員が、現地調査に基づき耐震診断を実施し、専用ソフトによる診断書を作成します。


診断結果に基づいて補強工事のための設計を行い、費用の見積もりを提出します。


予算や工事時期などを決定し、工事を開始。東急ホームズでは、図面通りの工事を確実に行います。


「点検商法」には十分ご注意ください!

昨今、高齢者を狙った悪徳リフォーム業者がマスコミを賑わしています。いきなり訪問してきて、耐震強度の不安をあおり、補修内容や見積もりをきちんと提示せずに、不要な補強材をいくつもつけたり、耐震性のない工事を行うといった事例が多数報告されています。
耐震リフォームを行う際には、信頼と実績のある東急ホームズにぜひご相談ください。


before after
before after
before after
PAGE TOP