東急ホームズの「暮らしアップ」

建て替えの約半分の費用で住宅リフォーム!

耐震診断 無料耐震診断を実施中
資料お届けサービス
ビフォー・アフター まるごと再生実例集
【首都圏】のイベント
【関西】のイベント
ビフォー・アフター まるごと再生実例集

アスベスト(石綿)使用状況・対応について

アスベストによる健康障害が社会的な問題として報道されておりますが、弊社の「住宅リフォーム工事」につきまして、以下の通りお知らせいたします。

1.現在、弊社でご注文いただいているお客様、またご検討中のお客様へ

現在、弊社はアスベストを含む建材は使用しておりません。

2.過去のアスベストを含む建材の使用について

弊社ではアスベストを含む建材が一般的に広く使用されていた時期に、主に屋根材(スレート類)、外部天井材・壁材(サイディング類)及びキッチン吊戸棚不燃部(フレキ板類)などにアスベストを含む建材を一部使用しておりました。
上記建材は「非飛散性アスベスト含有建材」と呼ばれるもので、これらに含まれているアスベストは繊維がセメントなどで固定されているために、通常の使用において飛散することは無く、健康に被害を及ぼすものではないと言われております。

-ご参考

「石綿が固定され空中に浮遊しない状態では、健康障害を起こす事は無いと考えられる。」
(環境庁・厚生省 通知 環大規第26号 衛企第9号 昭和63年2月1日)

3.リフォーム工事について

リフォーム工事において既存の建材の切断や破砕などにより、建材に含まれているアスベストが飛散することがあります。そのためアスベストを重量比0.1%以上含む建材を解体するには、「石綿障害予防規則」(厚生労働省平成18年9月1日施行)に則り施工する必要があります。弊社にご相談いただきますようお願い致します。

4.お問い合わせ

本件に関するお問い合せ、ご相談は、弊社お客様相談室にお願い致します。
フリーコール:0120-109-406
受付時間:9:30~18:00

アスベスト(石綿)問題に関する関連ホームページ

厚生労働省 : http://www.mhlw.go.jp/index.html

PAGE TOP